Trichothecium roseumによるキュウリばら色かび病(新称)

Trichothecium roseumによるキュウリばら色かび病(新称)

レコードナンバー753255論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005551NACSIS書誌IDAA11377130
著者名粕山 新二
谷名 光治
書誌名岡山県農業総合センター農業試験場研究報告 = Bulletin of the Agricultural Experiment Station, Okayama Prefectural General Agriculture Center
発行元岡山県農業総合センター農業試験場
巻号,ページ25号, p.81-84(2007-11)ISSN13466658
全文表示PDFファイル (1721KB) 
抄録キュウリに発生した葉の輪紋症状はTrichothecium roseumによる新病害であり、既報がないことから、病名としてキュウリばら色かび病(Pink-mold rot)を提案する。
索引語richohecium;roseum;キュウリばら色かび病;新称;キュウリ;発生;葉;輪紋症状;新病害;既報
引用文献数9
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat