体細胞クローン雄ブタおよび後代雄ブタの繁殖能力

体細胞クローン雄ブタおよび後代雄ブタの繁殖能力

レコードナンバー753283論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20033825NACSIS書誌IDAA12302432
著者名河原崎 達雄
大竹 正剛
柴田 昌利
ほか2名
書誌名静岡県畜産技術研究所中小家畜研究センター研究報告=Bulletin of Shizuoka prifectural research institiute of animal indaustry swine & poultry research center
別誌名静岡畜技研中小研セ研報
Bull. Shizuoka Swin & Poultry Res. Cen.
発行元静岡県畜産技術研究所中小家畜研究センター
巻号,ページ1号, p.23-30(2007-12)ISSN18826415
全文表示PDFファイル (4342KB) 
抄録体細胞クローン雄ブタおよびその後代雄ブタの繁殖能力について検討した。体細胞クローン雄ブタ(DJ:デュロック種(D)雌×金華種(J)雄)1頭およびその後代ブタ(D・DJ:Dクローン雌×DJクローン雄)6頭について、射精能力、精液量、精子濃度、精子活力、精子形態を発育の経過とともに調査し、同一系統の一般ブタと比較した。また、交配試験により授精能力について確認した。体細胞クローン雄ブタ(DJ)は3ヶ月齢で採精可能となり、精液量、総精子数は月齢が進むにつれて増加し、8ヶ月齢でそれぞれ195ml、317億個となった。運動精子割合(++〜+++)は4ヶ月齢、精子形態正常率は5ヶ月齢でそれぞれ約90%となり、その後はこの値を維持した。これらの値は同系統の一般雄ブタと変わらなかった。クローン後代雄ブタ(D・DJ)は3〜4ヶ月齢で採精可能となり、精液量、総精子数、運動精子割合、形態正常精子割合は8ヶ月齢まで増加し、DとDJの中間値あるいはそれを上回る値を示した。また、体細胞クローン雄ブタ、後代雄ブタともに正常な授精能力を有していた。これらの結果から、体細胞クローンおよびその後代雄ブタの造精能力、授精能力は一般ブタと変わらないことが示唆された。
索引語体細胞クローン雄ブタ;後代雄ブタ;繁殖能力
引用文献数26
登録日2011年02月07日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat