アスコルビン酸によるコウジ酸のマウス肝細胞増殖作用の促進

アスコルビン酸によるコウジ酸のマウス肝細胞増殖作用の促進

レコードナンバー760024論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00004754NACSIS書誌IDAA10796138
著者名河野 太一
本 光喜
六車 雅子
ほか5名
書誌名The journal of veterinary medical science
別誌名Journal of veterinary medical science
J. vet. med. sci
発行元Japanese Society of Veterinary Science
巻号,ページ69巻・ 9号, p.899-908(2007-09)ISSN09167250
全文表示PDFファイル (5855KB) 
抄録コウジ酸(KA)の腫瘍修飾作用に対するアスコルビン酸(AA)の効果を調べるために、5週齢の雄ICRマウスを用い、2段階肝発がん実験を行った。実験開始時に5週齢雄ICRマウスにN-diethylnitrosamine(DEN)によるイニシエーション処置(腹腔内投与)を行い、実験開始2週間後より第1群には水道水を、第2群には0.5%AA(飲水)を、第3群には3%KA(混餌)を、第4群には3%KAと0.5%AAを6週間飲水投与した。KAないしAA投与開始1週後に全群に対して2/3肝部分切除を行った。実験終了時には生存動物全例を殺処分し、肝を摘出した。第1群に比較して、第3と4群では肝重量が有意に増加し、第4群では、PCNA陽性細胞数およびCcnc、Ccnd1、Cyp7a1、Ercc2などの遺伝子発現が上昇した。今回の実験では、マウスのコウジ酸による肝細胞増殖作用がAAにより促進されることが示唆された。
索引語KA;AA;コウジ酸;アスコルビン酸;促進;第1群;第4群;実験;マウス肝細胞増殖作用;腫瘍修飾作用
引用文献数54
登録日2011年01月13日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat