ラット精巣においてストレプトゾトシン誘発性糖尿病はJNKリン酸化とBax活性化を介してアポトーシスを増加させる

ラット精巣においてストレプトゾトシン誘発性糖尿病はJNKリン酸化とBax活性化を介してアポトーシスを増加させる

レコードナンバー760035論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00004754NACSIS書誌IDAA10796138
著者名Koh P.O.
書誌名The journal of veterinary medical science
別誌名Journal of veterinary medical science
J. vet. med. sci
発行元Japanese Society of Veterinary Science
巻号,ページ69巻・ 9号, p.969-971(2007-09)ISSN09167250
全文表示PDFファイル (1791KB) 
抄録糖尿病は、実験動物や人の雄で生殖機能を抑制することが知られている。本研究では、ラットのストレプトゾトシン誘発性糖尿病が精巣のJNKとBaxを介したアポトーシスを増加させるか否かを検討した。静脈内にストレプトゾトシン(40mg/kg)を1回投与して糖尿病を誘発し、3ヶ月後に精巣を採材した。正常群と比較して、糖尿病群では体重と精巣重量が減少し、精細胞のアポトーシスインデックスが有意に増加していた。糖尿病群で、リン酸化JNKとBaxの発現及び活性化caspase-3量は、正常群のそれらに比較して増加した。我々の結果は、ラットのストレプトゾトシン誘発性糖尿病はJNKのリン酸化とBaxの活性化を介して精巣のアポトーシスを増加させることを示す。
索引語増加;ストレプトゾトシン誘発性糖尿病;アポトーシス;精巣;Bax;糖尿病;ラット;JNK;正常群;比較
引用文献数19
登録日2011年01月13日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat