肺高血圧症の若令犬におけるシルデナフィル長期治療の1例

肺高血圧症の若令犬におけるシルデナフィル長期治療の1例

レコードナンバー760054論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00004754NACSIS書誌IDAA10796138
著者名豊島 弓子
金本 勇
新井 賢
ほか1名
書誌名The journal of veterinary medical science
別誌名Journal of veterinary medical science
J. vet. med. sci
発行元Japanese Society of Veterinary Science
巻号,ページ69巻・ 10号, p.1073-1075(2007-10)ISSN09167250
全文表示PDFファイル (1818KB) 
抄録7ヵ月齢、オスのパピヨンが軽度な呼吸困難、チアノーゼ、前胸部心雑音を示し、超音波検査にて重度な肺高血圧症と診断された。フォスフォジエステラーゼ・タイプ5阻害薬であるシルデナフィルを1mg/kgBID経口投与したところ臨床症状は著しく改善され、一時心雑音も軽減した。3年後、PCVが上昇したがTID投与にて改善され、約4年経過した現在もシルデナフィルの単独投与で良好なQOLを維持している。
索引語肺高血圧症;シルデナフィル;改善;若令犬;シルデナフィル長期治療;7ヵ月齢;オス;パピヨン;呼吸困難;チアノーゼ
引用文献数18
登録日2011年01月13日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat