イヌのグレードII皮膚肥満細胞腫の手術マージン,Ki-67およびcyclin-D1の予後的意義

イヌのグレードII皮膚肥満細胞腫の手術マージン,Ki-67およびcyclin-D1の予後的意義

レコードナンバー760062論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00004754NACSIS書誌IDAA10796138
著者名尾崎 清和
山上 哲史
野村 耕二
ほか1名
書誌名The journal of veterinary medical science
別誌名Journal of veterinary medical science
J. vet. med. sci
発行元Japanese Society of Veterinary Science
巻号,ページ69巻・ 11号, p.1117-1121(2007-11)ISSN09167250
全文表示PDFファイル (3059KB) 
抄録イヌの皮膚肥満細胞腫の予後は、病理組織学的グレードと相関していると考えられている。しかしながら、グレードII腫瘍には病理組織学的に多様なものが含まれており、このことが予後を予測することを困難にしている点の一つである。この研究では、グレードII腫瘍における手術マージン、Ki-67およびサイクリンD1発現の予後因子としての価値を検討した。術後フォローアップが360日以上(中央値は1080日)の孤在性グレードII肥満細胞腫48例を使用した。サイクリンD1およびKi-67発現は免疫組織学的染色を施した標本を用いて半定量的に検討し、これらの結果と生存率、再発および転移率との相関を統計学的に解析した。不完全切除群における術後30ヶ月以内の再発、転移および死亡率は完全切除群よりも高かった。不完全切除群では、Ki-67陽性率が低いと有意に生存率が高くなるが、再発および転移率とKi-67陽性率には相関はなかった。サイクリンD1陽性となった腫瘍は少なかったが、予後が悪く再発および転移する例が多かった。これらの結果から、グレードII腫瘍では、不完全切除は転移率が比較的高く、予後が悪いこと、Ki-67は不完全切除例において全生存期間を推定するマーカーとなること、サイクリンD1は陽性症例が少なく、予後因子としては価値がないことがわかった。
索引語予後;グレードII腫瘍;再発;転移率;イヌ;手術マージン;予後因子;価値;検討;結果
引用文献数27
登録日2011年12月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat