壊死性髄膜脳炎の7頭の犬における組み合わせ治療(サイクロスポリン+プレドニゾロン)とプレドニゾロン単一治療の比較

壊死性髄膜脳炎の7頭の犬における組み合わせ治療(サイクロスポリン+プレドニゾロン)とプレドニゾロン単一治療の比較

レコードナンバー760098論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00004754NACSIS書誌IDAA10796138
著者名Jung D.I.
Kang B.T.
Park C.
ほか10名
書誌名The journal of veterinary medical science
別誌名Journal of veterinary medical science
J. vet. med. sci
発行元Japanese Society of Veterinary Science
巻号,ページ69巻・ 12号, p.1303-1306(2007-12)ISSN09167250
全文表示PDFファイル (2202KB) 
抄録犬における壊死性髄膜炎(NME)において従来からの第一治療法はグルココルチコイドの免疫抑制量の投与である。しかし、反応は様々で臨床徴候は漸減投与で時々急激に再発することがある。予後は不良で長期の治療では多くの合併症の原因になる。この研究において、NMEの犬において組み合わせ治療(サイクロスポリン+プレドニゾロン)とプレドニゾロン単一治療の長期の効果を比較した。この研究のすべてのNME症例は磁気共鳴映像および脳脊髄液分析を行い、病理組織学検査によって確定した。組み合わせ治療群の平均生存日数は305.7±94.7日であった。単一プレドニゾロン治療群の平均生存日数は58.3±30.5日であった。NME症例においてサイクロスポリンとプレドニゾロンの組み合わせ治療はプレドニゾロンのみの投与より生存日数でより効果的であったことをこの報告は示唆している。
索引語犬;組み合わせ治療;サイクロスポリン+プレドニゾロン;プレドニゾロン単一治療;NME;投与;長期;研究;NME症例;平均生存日数
引用文献数14
登録日2011年01月13日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat