韓国の鶏胚を使用した内在性鶏白血病・肉腫ウイルス遺伝子の分子生物学的解析

韓国の鶏胚を使用した内在性鶏白血病・肉腫ウイルス遺伝子の分子生物学的解析

レコードナンバー760106論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00004754NACSIS書誌IDAA10796138
著者名Kim Y.J.
Park S.I.
Park S.J.
ほか6名
書誌名The journal of veterinary medical science
別誌名Journal of veterinary medical science
J. vet. med. sci
発行元Japanese Society of Veterinary Science
巻号,ページ70巻・ 1号, p.17-23(2008-01)ISSN09167250
全文表示PDFファイル (3370KB) 
抄録韓国のブロイラー鶏の内在性鶏白血病・肉腫ウイルス(ALSV)の感染状況を調べるため、ブロイラー種の養鶏場および韓国在来種の養鶏場から得た孵化鶏卵を使用し、内在性ALSVに特異的なプライマーを用いたPCRを行った。すべての検査材料から、内在性ALSVを構成しているEAV、ev、ev/J、ART-CHのゲノムがPCRにより検出された。系統樹解析を行うと、韓国鶏の持っているEAVゲノムはE51よりもEAV-0と類似していた。ART-CHゲノムはクローン5および14とは異なった一群を形成した。evおよびev/Jゲノムの塩基配列とアミノ酸配列は、既報のものとほとんど差が認められなかったが、それらはひとつの集団を形成した。これらの結果より、内在性ALSVは韓国のブロイラー鶏に高率に感染しており、それらの遺伝子は既報のものと異なっていることが示された。
索引語韓国;内在性ALSV;使用;内在性鶏白血病;ブロイラー鶏;養鶏場;PCR;ev;形成;既報
引用文献数21
登録日2011年01月13日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat