木質系材料のみからなる自己接着成形体の開発

木質系材料のみからなる自己接着成形体の開発

レコードナンバー760220論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20009478NACSIS書誌IDAA11825741
著者名高橋 勤子
山口 知宏
太田 幸伸
浅田 文仁
堀田 好幸
書誌名愛知県産業技術研究所研究報告
別誌名愛知県産業技術研究所研究報告
発行元愛知県産業技術研究所
巻号,ページ6号, p.68-69(2007-12)ISSN13479296
全文表示PDFファイル (1239KB) 
抄録蒸気処理時に薬液を添加し、熱流動性を向上した蒸気処理木粉について流出開始温度を測定した。蒸気処理時に水の代わりにマレイン酸水溶液あるいは過酸化水素水を添加することにより、スギ辺材の蒸気処理木粉の流出開始温度は大きく低下し、熱流動性が向上した。これらの木粉で、金型への注入成形を試みたところ、水添加したスギオガコの蒸気処理木粉では、ほとんど型内に注入されなかったが、薬液添加したものは型内に注入できた。しかし、成形体の強度には問題が生じたため、適当な添加量、蒸気処理条件、成形条件を検討する必要があった。
索引語添加;薬液;熱流動性;向上;蒸気処理木粉;流出開始温度;水;木粉;注入;木質系材料
引用文献数2
登録日2011年01月31日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat