受胚牛におけるふん便性状と胚移植成績の関係

受胚牛におけるふん便性状と胚移植成績の関係

レコードナンバー760379論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00021130NACSIS書誌IDAN00334182
著者名笹木 教隆
田中 健
谷村 英俊
朝倉 利江
福井 幸昌
書誌名福井県畜産試験場研究報告
別誌名Bulletin of the Fukui Experiment Station of Domestic Animal Industry
発行元[出版者不明]
巻号,ページ21号, p.1-5(2008-03)ISSN03893537
全文表示PDFファイル (2207KB) 
抄録受胚牛のふん便性状検査成績と胚移植成績の関係を調査した。移植時の受胚牛のふん便軟度(正常、軟便、下痢)と受胎率については、ふん便の軟度が高い受胚牛ほど受胎率が低く(p<0.05)、ふん便中の繊維量の多少および穀類残さの有無については受胎率に影響を及ぼさなかった。ふん便の軟度、繊維量および穀類残さの間には、一定の傾向はみられなかった。血液生化学検査では、下痢受胚牛は、正常、軟便の受胚牛に比ベグロブリン濃度が高く、A/G比が低かった(p<0.05)。以上のことから、ふん便の軟度検査は、受胚牛の管理または選定方法として胚移植成績向上に有効であることが明らかになった。
索引語受胚牛;受胎率;ふん便;胚移植成績;関係;軟便;軟度;繊維量;穀類残さ;ふん便性状
引用文献数11
登録日2011年01月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat