ビール粕と規格外小麦粉の混合物を原料とするサイレージの発酵品質

ビール粕と規格外小麦粉の混合物を原料とするサイレージの発酵品質

レコードナンバー760401論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014735NACSIS書誌IDAN00247860
著者名照井 英樹
宮島 渉
安宅 一夫
書誌名酪農学園大学紀要. 自然科学編 = Journal of the College of Dairying. Natural science
別誌名Journal of Rakuno Gakuen University. Natural science
J. Rakuno Gakuen University
J. Coll. Dairying
酪農大紀要
発行元酪農学園大学
巻号,ページ32巻・ 2号, p.145-148(2008-04)ISSN0388001X
全文表示PDFファイル (1945KB) 
抄録食品副産物であるビール粕は、低コスト飼料として利用可能であるが、高水分のため長期保存、輸送などが困難である。一方で、食品に適さない規格外小麦粉が廃棄されており、飼料としての有効利用が望まれている。そこで、ビール粕およびビール粕と規格外小麦粉の混合物をサイレージに調製し、その発酵品質を調べた。ビール粕単独とビール粕に規格外小麦粉を混ぜたものを原料とし、1リットル容プラスチックサイロにサイレージを調製した。双方とも無添加を対照区とし、乳酸菌製剤(乳酸菌区)、有用微生物群製剤(EM区)、麹菌発酵大豆混合飼料(IM区)および納豆菌製剤(NB区)を添加し、室温で15日間貯蔵した。ビール粕単独の無添加サイレージのpHは3.74に対し、ビール粕+小麦粉で低くなった(P<0.01)。乳酸含量はビール粕単独では対照区が低く、乳酸菌区で高くなった(P<0.05)。またビール粕単独に対し、ビール粕+小麦粉が高かった(P<0.01)。全窒素に対するアンモニア態窒素比率はビール粕単独およびビール粕+小麦粉とも添加物による有意な差はみられず、すべて低かった。ガス損失率はすべて低い値であったが、小麦粉の混合によりさらに低くなった(P<0.01)。乾物回収率には、材料および添加物の影響はなかった。フリーク評点、V-スコアにおいて添加区に有意差はみられず、ビール粕+小麦粉ではすべて100点であった。
索引語ビール粕;規格外小麦粉;混合物;原料;サイレージ;発酵品質
引用文献数9
登録日2011年01月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat