マウス着床前初期発生過程におけるヒストンメチル化酵素および脱メチル化酵素の発現

マウス着床前初期発生過程におけるヒストンメチル化酵素および脱メチル化酵素の発現

レコードナンバー760415論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20020157NACSIS書誌IDAN10548943
著者名影山 俊一郎
曽根原 弘樹
永田 昌男
ほか1名
書誌名Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌
別誌名日本卵子学会誌
発行元日本哺乳動物卵子学会
巻号,ページ24巻・ 3号, p.126-131(2007-10)ISSN13417738
全文表示PDFファイル (3074KB) 
抄録受精を境にして生殖細胞である卵は次世代の胚へと変わるが、その際、遺伝子発現パターンが大きく変化する。この変化には、エピジェネティックな変化が関わっており、その中でもヒストンのメチル化の変化が重要な役割を果たしていると考えられている。このメカニズムを明らかにするために、本研究では、初期発生期におけるヒストンメチル化酵素と脱メチル化酵素の発現をRT-PCR法によって調べた。その結果、多種類の酵素が未受精卵に発現しており、その発現レベルは受精後の初期発生期に大きく変化していることが明らかとなった。この結果は、ヒストンメチル化酵素と脱メチル化酵素が受精後の初期発生における遺伝子発現パターンの変化に関与していることを示唆している。
索引語変化;ヒストンメチル化酵素;脱メチル化酵素;発現;遺伝子発現パターン;変化;マウス着床;初期発生過程;受精;境
引用文献数31
登録日2011年02月04日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat