メタボロミクスによる胚の評価

メタボロミクスによる胚の評価

レコードナンバー760424論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20020157NACSIS書誌IDAN10548943
論文副題単一胚移植を促進する新たな方法
著者名Sakkas D.
森田 大
山下 直樹
ほか4名
書誌名Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌
別誌名日本卵子学会誌
発行元日本哺乳動物卵子学会
巻号,ページ25巻・ 1号, p.26-31(2008-04)ISSN13417738
全文表示PDFファイル (3644KB) 
抄録ARTにおけるジレンマの1つとして、個々の胚の生殖能を正確に評価することができないことがあげられる。この問題に対して、ゲノム解析、プロテオーム解析、メタボローム解析などを用いた様々な新しい評価技術が現在開発されてきている。今回、我々は、胚培養液中の特定のバイオマーカーを識別するメタボローム胚評価法について述べる。この方法は近赤外線(NIR)分光器を用いて、培養液中の特定の胚代謝物の化学組成を分析し、Viability Score(VS)に換算し胚の評価を行う。この方法から得られたday 2単一胚移植におけるアルゴリズムと形態学的評価との関係ならびに着床率の関係について報告する。移植胚の選択において、従来の形態学的評価法に、NIR分光器によるメタボローム解析による胚評価法を加えることで、良好な胚の識別が可能になり、IVFの結果に改善をもたらすことが期待できる。現在、NIR分光器を用いたメタボローム解析の有用性について追加研究中である。
索引語胚;方法;メタボローム解析;評価;特定;関係;NIR分光器;メタボロミクス;単一胚移植;促進
引用文献数40
登録日2011年02月04日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat