ウシ卵母細胞の体外発育能に及ぼす黄体およびBrilliant cresyl blue染色による選別の影響

ウシ卵母細胞の体外発育能に及ぼす黄体およびBrilliant cresyl blue染色による選別の影響

レコードナンバー760428論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20020157NACSIS書誌IDAN10548943
著者名Sugulle A.H.
堂地 修
小山 久一
書誌名Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌
別誌名日本卵子学会誌
発行元日本哺乳動物卵子学会
巻号,ページ25巻・ 1号, p.50-55(2008-04)ISSN13417738
全文表示PDFファイル (3597KB) 
抄録ウシ卵母細胞の体外発育能に及ぼす黄体およびBrilliant cresyl blue(BCB)染色による選別の影響を検討するため、食肉処理場由来の卵巣を黄体の有無よって分け、ウシ卵母細胞を採取した。ついで、IVM前に卵細胞質のglucose-6-phospate dehydrogenase活性を検出するBCB染色を施し、活性の強弱によりBCB+およびBCB-に分類した。発生能は卵割率および胚盤胞率により判定した。その結果、卵割率は黄体の有無に関係なくBCB+においてBCB-よりも高い値が得られた。しかし、対照区との間に有意差は認められなかった。胚盤胞率は、黄体のある卵巣の卵母細胞ではBCB染色による差は認められなかったが、黄体のない卵巣の卵母細胞ではBCB+においてBCB-および対照区よりも高い値が得られた(P<0.05)。以上のように、黄体の有無は卵母細胞の発生能に影響しないこと、BCB染色法は卵母細胞の発生能を予測するのに従来の形態観察による選別よりも有効であることが明らかとなった。
索引語黄体;BCB;卵母細胞;ウシ卵母細胞;選別;影響;卵巣;有無;発生能;体外発育能
引用文献数45
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat