トウモロコシ残渣堆肥の施用が数種野菜の生育、収量および土壌特性に与える影響

トウモロコシ残渣堆肥の施用が数種野菜の生育、収量および土壌特性に与える影響

レコードナンバー760467論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20000568NACSIS書誌IDAN00381455
著者名Ebid A.
上野 秀人
Ghoneim A.
浅木 直美
書誌名愛媛大学農学部農場報告 = Bulletin of the Experimental Farm, College of Agriculture, Ehime University
別誌名Bulletin of the Experimental Farm, Faculty of Agriculture, Ehime University
発行元愛媛大学農学部附属農場
巻号,ページ29号, p.1-9(2007-09)ISSN09147233
全文表示PDFファイル (3697KB) 
抄録トウモロコシ残渣堆肥(MRC)の土壌への施用が、コマツナ(Brassica rapa L.cv.Rakuten’)ハツカダイコン(Raphanus sativus L.cv.Radicula Pers’)およびチンゲンサイ(Brassica campestris L.cv.Choyo No.2’)の生育、収量および土壌特性に与える影響を無施肥(Control)または化学肥料(IF)を施用した場合と比較した。栽培は3回、連続して行った。MRC区にトウモロコシ残渣堆肥を30Mg/ha、IF区に化学肥料Nを150kg/ha、さらにP、Kを各120kg/ha施用した。IF区の各野菜生育、葉色値および窒素吸収インデックスは、3回の栽培ともMRC区およびControl区より高かった。さらにIF区のN吸収量および収量は、MRC区、Control区に比べ有意に高かった。IF区の土壌ECは、MRC区に比べ有意に高かった。これは、IF施用により土壌中に余剰の化学肥料窒素が硝酸態窒素の形態で残存したためと考えられた。MRCはIFに比べ土壌中で緩効的に無機化したため、土壌ECに与える影響が比較的低かったと推察された。
索引語MRC区;IF区;トウモロコシ残渣堆肥;収量;影響;L;cv;施用;生育;土壌特性
引用文献数10
登録日2011年01月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat