被覆資材の光透過率の異常値出現と気象条件

被覆資材の光透過率の異常値出現と気象条件

レコードナンバー760480論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013930NACSIS書誌IDAN00038339
著者名友光 美帆
Pongsa-Anutin Teerasak
鈴木 晴雄
書誌名香川大学農学部学術報告
別誌名Technical bulletin of Faculty of Agriculture, Kagawa University
Kagawa Daigaku Nôgakubu gakujutsu hôkoku
発行元香川大学農学部
巻号,ページ60巻・ p.1-7(2008-02)ISSN03685128
全文表示PDFファイル (3638KB) 
抄録本実験は、農業用被覆資材の代表的フィルムを用いて、日射透過率、照度透過率、光量子透過率の異常値出現と気象条件との関係について検討した。実験期間中の期間平均透過率は、いずれの透過率も光選択性の紫色ポリ以外はほぼ同じ高低関係であった。また透過率の変動係数は透明性が増す資材ほど低く、これらの結果は水平設置と傾斜設置も同じ傾向であった。異常値の出現頻度については、日射透過率では透過率の低い黒色ポリフィルムに異常値が高かった。照度透過率では透過率の高いフィルムほど異常値が高くなり、光量子透過率の場合も同じ結果となった。異常値の出現原因は測定原理によるのではなく、フィルムの光透過率の高低と日射条件によることが大きかった。本実験から、日射透過率、照度透過率、光量子透過率間の基本的差異は小さいこと、異常値出現については、測定の時間と時期など光条件による影響が大きいものと考えられた。
索引語透過率;異常値;異常値出現;日射透過率;照度透過率;光透過率;気象条件;本実験;光量子透過率;結果
引用文献数7
登録日2011年01月18日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat