イムノアフィニティーカラム-HPLC法によるウシ飼料中ゼアラレノンの測定

イムノアフィニティーカラム-HPLC法によるウシ飼料中ゼアラレノンの測定

レコードナンバー760488論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013930NACSIS書誌IDAN00038339
著者名江本 知朗
高木 光博
川村 理
書誌名香川大学農学部学術報告
別誌名Technical bulletin of Faculty of Agriculture, Kagawa University
Kagawa Daigaku Nôgakubu gakujutsu hôkoku
発行元香川大学農学部
巻号,ページ60巻・ p.69-73(2008-02)ISSN03685128
全文表示PDFファイル (2421KB) 
抄録抗ZENモノクローナル抗体(ZEN.2)を結合したイムノアフィニティーカラム(IAC)を用いたウシ飼料中のゼアラレノン(ZEN)の測定法の開発を行った。諸条件を検討した結果、粗飼料(バミューダグラスとオーツヘイ)では、試料と抽出溶媒比1:10で、肥育期用配合飼料は、試料と抽出溶媒比1:4でアセトニトリル:水(84+16v/v)で、育成期用配合飼料の場合は、試料と抽出溶媒比1:4でメタノール:水(70+30v/v)で抽出を行った後、抽出液を希釈後、IACでクリーンナップを行い、蛍光HPLCで定量した。100、500および2,500ng/gのZENとα-ゼアラレノールを添加し回収実験を行った結果、バミューダグラス、オーツヘイ、肥育期用配合飼料及び育成期用配合飼料での回収率は、83.3〜98.2%でRSDは1.4〜5.1%でほぼ良好であった。また、IACの連続再使用について検討した結果、バミューダグラスでは10回以上、育成期用配合飼料で3回までの再使用が可能であることを確認した。
索引語ZEN;IAC;結果;バミューダグラス;試料;育成期用配合飼料;イムノアフィニティーカラム;検討;オーツヘイ;肥育期用配合飼料
引用文献数5
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat