2007年新潟県中越沖地震の被災事例で確認された地盤改良土の耐液状化性能

2007年新潟県中越沖地震の被災事例で確認された地盤改良土の耐液状化性能

レコードナンバー760555論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014669NACSIS書誌IDAN00183393
著者名森井 俊広
西野 信之
書誌名新潟大学農学部研究報告 = Bulletin of the Faculty of Agriculture, Niigata University
発行元新潟大学農学部
巻号,ページ60巻・ 2号, p.147-153(2008-03)ISSN03858634
全文表示PDFファイル (4051KB) 
抄録2007年新潟県中越沖地震により、柏崎市や刈羽村で生活・産業基盤に甚大な被害が生じた。液状化による家屋被害が集中した刈羽村では、宅地地盤に加えて、農業集落排水処理施設も大きな損傷を受けた。この地域は、2004年中越地震でも甚大な被害を受けた。その際に被災した管路および道路は、地盤改良ののち復旧埋め戻しされたが、今回の中越沖地震でほとんど損傷が生じなかった。本文では、まず、2007年中越沖地震で生じた農業用および生活関連施設の被害状況を概覧し、その特徴をまとめた。次いで、刈羽村を事例対象に、農業集落排水処理施設の被害状況を調べ、当村で採用された地盤改良工法の液状化に対する効果と実務性を探った。
索引語刈羽村;2007年新潟県中越沖地震;被害;液状化;農業集落排水処理施設;損傷;被害状況;被災事例;確認;地盤改良土
引用文献数13
登録日2011年01月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat