スイートバジルの生育ステージならびに器官別の精油含量と精油成分

スイートバジルの生育ステージならびに器官別の精油含量と精油成分

レコードナンバー760602論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005635NACSIS書誌IDAN00164184
著者名市村 匡史
書誌名東京農業大学農学集報
別誌名Journal of agriculture science, Tokyo University of Agriculture
Journal of agricultural science, Tokyo Nogyo Daigaku
東京農大農学集報
東農大農学集報
農学集報
東京農業大学農學集報
発行元東京農業大学
巻号,ページ52巻・ 4号, p.167-172(2008-03)ISSN03759202
全文表示PDFファイル (3331KB) 
抄録スイートバジル生葉の精油含量は、主枝、第1次側枝の開花期に最も多くなり、その後は若干減少した。また、器官別の精油含量は花穂で最も多く、次いで葉となり、茎では著しく少なかった。精油成分はeugenolが常に30%以上と多かったが、linaloolと1、8-cineolは生育の進展に伴って増加し、methyl eugenolは生育初期に30%以上と著しく多いが、生育の進展に伴って急激に減少した。器官別の精油成分は、葉ではeugenolとlinaloolがともに30%以上と多く、花穂ではlinaloolが50%以上と多く、茎ではいずれの成分も含有率が低かった。4細胞腺毛は葉、茎および花穂のすべての器官で認められ、葉では向軸・背軸両面で認められた。腺毛の冠部の直径はおおむね80μm内外であったが、茎では53μmと小さかった。腺毛の分布密度は、葉では背軸面と若い葉で高かった。
索引語葉;茎;以上;精油含量;精油成分;花穂;eugenol;linalool;減少;生育
引用文献数8
登録日2011年01月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat