環境保全型農業の視点から見た西ブータンの農業に関する一考察

環境保全型農業の視点から見た西ブータンの農業に関する一考察

レコードナンバー760697論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014358NACSIS書誌IDAN00239465
著者名礒井 俊行
書誌名名城大学農学部学術報告
別誌名Scientific reports of the Faculty of Agriculture, Meijo University
発行元名城大学農学部
巻号,ページ44号, p.45-49(2008-03)ISSN09103376
全文表示PDFファイル (2441KB) 
抄録ブータンにおける在来農業の物質循環性や環境保全性について明らかにする手始めとして、2007年10月にブータンの4つの農業気候区分、すなわち、寒冷温帯ゾーン、温暖温帯ゾーン、乾燥亜熱帯ゾーン、および多湿亜熱帯ゾーンに渡る西ブータンの合計8軒の農家を訪問し、聞き取り調査を行った。その結果、どの農家も化学肥料をほとんど使用せず、有機物を積極的に活用した地域内物質循環型の農業を行っていることがわかった。
索引語西ブータン;農業;ブータン;農家;環境保全型農業;視点;一考察;在来農業;物質循環性;環境保全性
引用文献数11
登録日2011年01月18日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat