植物ウイルスの感染細胞内に見られるバイロプラズム(viroplasm)の比較的電顕観察

植物ウイルスの感染細胞内に見られるバイロプラズム(viroplasm)の比較的電顕観察

レコードナンバー760724論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014149NACSIS書誌IDAN0019269X
著者名山下 修一
土居 養二
Kitajima E.W.
書誌名日本植物病理學會報 = Annals of the Phytopathological Society of Japan
別誌名Japanese journal of phytopathology
日本植物病理学会報
発行元日本植物病理學會
巻号,ページ74巻・ 2号, p.97-109(2008-05)ISSN00319473
全文表示PDFファイル (8155KB) 
抄録感染細胞内でウイルス粒子の会合の場とされるviroplasm(Vp)について、未分類群を含む6科10属37種ウイルスの細胞内所見を電顕で比較観察した。Vpは一般に不定形〜球形、高〜低密度、顆粒状・繊維状・条状であったが、ウイルス群で異なった。CaulimoviridaeのCaulimovirus(4種)、Petuvirus(PVCV)、Soymovirus(SbCMV)の3属はいずれも類似したVpを細胞質に生じたが、分類群で差異がみられた。ReoviridaeのPhytoreovirus(RDV)とFijivirus(RBSDV)は細胞内所在、細胞質Vpは異なった。PartitiviridaeのAlphacryptovirusのRYEVおよびSequiviridaeのWaikavirusのRTSV(RWV)は師部局性で細胞質にVpを生じたが、後者の構造は多様で、近接して核酸様繊維を内含する小胞が特異的に多数観察された。BunyaviridaeのTospovirusのTSWVとMYSVは細胞質にVpを生じ、周囲のER膜で成熟すると推定されたが、後者の観察頻度は極めて低かった。RhabdoviridaeではNucleorhabdovirus(8種)は核内Vpと核膜での成熟、Cytorhabdovirus(5種)は細胞質VpとER膜での成熟が示唆された。未分類として、被膜を欠く短桿菌状ウイルスは核増殖型と細胞質増殖型に大別され、前者(6種)は核内Vp、核膜内膜付着・非出芽、後者(5種)は細胞質内VpからER膜内への移行が示唆された。両者の形状、増殖様式は異なった。本邦の桿状ウイルスのBuMVは各種細胞の細胞質に高電子密度の球形Vpを生じた。
索引語細胞質;感染細胞内;viroplasm;細胞質Vp;ER膜;後者;核内Vp;成熟;5種;示唆
引用文献数60
登録日2011年01月18日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat