チモシー(Phleum pratense L.)1番草における栄養価の遺伝率

チモシー(Phleum pratense L.)1番草における栄養価の遺伝率

レコードナンバー760731論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014871NACSIS書誌IDAN00194108
著者名足利 和紀
玉置 宏之
出口 健三郎
ほか1名
書誌名日本草地学会誌
別誌名日本草地学会誌
Japanese journal of grassland science
Glassland science
Journal of Japanese Society of Grassland Sciences
Journal of Japanese Society of Grassland Science
発行元日本草地学会
巻号,ページ54巻・ 1号, p.19-23(2008-04)ISSN04475933
全文表示PDFファイル (2865KB) 
抄録チモシー1番草における栄養価関連形質の広義および狭義の遺伝率を把握するため、15の栄養系とその後代系統を同年同一圃場で栽培し、近赤外分析法(NIRS)を用いて栄養価関連形質を推定した。その結果、栄養価に関する3指標(低消化性繊維(Ob)/細胞壁物質(OCW)、Ob含量および可溶性炭水化物(WSC)含量)は(1)狭義の遺伝率が高く、(2)指標相互間の遺伝相関は効率的な並行改良が可能である相関か、もしくは弱い相関で、(3)同一熟期内であり、収量性で選抜がなされた材料においては、乾物重とこれらの指標との遺伝相関は弱かった。したがって、これら3指標を用いた個体選抜で効率的な改良が可能であり、また指標相互間の並行改良および収量性と栄養価の並行改良は可能である、との結論に達した。
索引語栄養価;遺伝率;並行改良;栄養価関連形質;3指標;指標相互間;遺伝相関;相関;収量性;チモシー
引用文献数20
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat