レッドリスト分析による草地性チョウ類保全のための評価

レッドリスト分析による草地性チョウ類保全のための評価

レコードナンバー760735論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014871NACSIS書誌IDAN00194108
著者名井村 治
書誌名日本草地学会誌
別誌名日本草地学会誌
Japanese journal of grassland science
Glassland science
Journal of Japanese Society of Grassland Sciences
Journal of Japanese Society of Grassland Science
発行元日本草地学会
巻号,ページ54巻・ 1号, p.45-56(2008-04)ISSN04475933
全文表示PDFファイル (5811KB) 
抄録各都道府県別のチョウのレッドリストとチョウの生態的特性を定量的に分析することにより、草地性チョウ類の保全すべき種とその特性を明らかにした。またこれらのチョウの保全とその生息地となる草地の維持・管理について議論した。日本産チョウ類の65.4%の種がいずれかの都道府県で絶滅の恐れがある種とされていた。レッドリストの種数では、草地性種が森林性種に比べて生息が脅かされるとは言えなかった。レッドリストカテゴリーに基づく絶滅リスク指数(ERI)でチョウを評価したところ、最上位の種はいずれも草地性の種であった。ERIとチョウの生態的特性の関連を一般化線形モデルで解析したところ、分布面積が狭く、単食性の草地性である種の絶滅のリスクが高かった。ERIは保全すべきチョウを評価するだけでなく、チョウの住む草地の環境的価値を評価するためにも利用できると考えられる。
索引語チョウ;種;ERI;評価;レッドリスト;生態的特性;保全;草地;草地性;レッドリスト分析
引用文献数67
登録日2011年01月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat