畜産物のトレーサビリティに関する課題

畜産物のトレーサビリティに関する課題

レコードナンバー760743論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014871NACSIS書誌IDAN00194108
論文副題持続的畜産振興の観点から
著者名川手 督也
書誌名日本草地学会誌
別誌名日本草地学会誌
Japanese journal of grassland science
Glassland science
Journal of Japanese Society of Grassland Sciences
Journal of Japanese Society of Grassland Science
発行元日本草地学会
巻号,ページ54巻・ 1号, p.88-90(2008-04)ISSN04475933
全文表示PDFファイル (1511KB) 
抄録2001年9月以降のBSE問題、さらには偽装表示問題、無登録農薬問題などの発生により、農畜産物をめぐる消費者の信頼は大きく損なわれた。そのため、食品の安全性を確保し、消費者の安心や信頼を取り戻すための取り組みが急務となっている。そうした中、農林水産省により、2002年2月に「食と農の再生プラン」が公表され、同年11月に「食の安全・安心のための政策推進本部」が設置された。さらに、2003年6月に「食の安全・安心のための政策大綱」が決定された。この中で、食品の安全性確保に向けた取り組みを進め、国民の不安・不信を解消し、消費者と生産者の「顔の見える関係」の確立と相互理解に向けた体系的で総合的な施策の指針が示されている。その施策の柱の1つとして、トレーサビリティシステムの導入が推進されている。
索引語畜産物;トレーサビリティ;課題;持続的畜産振興;観点
引用文献数9
登録日2011年01月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat