ひじき中の無機ヒ素を正確に抽出・定量するための硝酸を用いた酸部分分解法の検討および水戻しひじきへの応用

ひじき中の無機ヒ素を正確に抽出・定量するための硝酸を用いた酸部分分解法の検討および水戻しひじきへの応用

レコードナンバー760758論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名長岡 恵
花岡 研一
臼井 将勝
ほか2名
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ49巻・ 2号, p.88-94(2008-04)ISSN00156426
全文表示PDFファイル (4000KB) 
抄録ひじき中の無機ヒ素を正確に抽出・定量するために、硝酸を用いた酸部分分解法を検討し、ひじきからヒ素をほぼ100%抽出し、かつ有機ヒ素が無機ヒ素にまで分解されない加熱条件などを確立した。ヒ素の化学形態別分析にはHPLC/ICP-MSを用いた。確立した方法についての評価を実施した後、その方法を用いて調理過程における無機ヒ素量の減衰を検討した結果、水戻し+水煮操作(和式調理法)は単なる水戻し操作よりもヒ素量を減少させるのに有効であること、また、総ヒ素量よりも無機ヒ素量を有効に減少させる手段であることが示された。
索引語無機ヒ素;検討;中;抽出;定量;硝酸;酸部分分解法;確立;方法;無機ヒ素量
引用文献数20
登録日2011年01月13日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat