硝酸による酸部分分解とHPLC/ICP-MSを用いた米中の無機ヒ素定量法

硝酸による酸部分分解とHPLC/ICP-MSを用いた米中の無機ヒ素定量法

レコードナンバー760759論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名長岡 恵
西村 勉
松田 りえ子
米谷 民雄
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ49巻・ 2号, p.95-99(2008-04)ISSN00156426
全文表示PDFファイル (2871KB) 
抄録米中の無機ヒ素を選択的に定量するために、抽出法として硝酸による酸部分分解法を、分別定量法としてHPLC/ICP-MSを用いる方法を検討した。無機ヒ素の検出下限および定量下限はそれぞれ0.0024、0.0079mg/kg乾重量であった。確立できた方法を用いて国内で市販されている短粒玄米10検体を分析したところ、無機ヒ素濃度は0.108-0.227mg/kg乾重量、総ヒ素濃度は0.118〜0.260mg/kg乾重量であった。ほとんどの検体からジメチルヒ素体も検出されたが、無機ヒ素は総ヒ素の62.2〜96.3%を占めていた。このように、分析した短粒米ではヒ素の多くが無機ヒ素であった。
索引語無機ヒ素;硝酸;HPLC/ICP-MS;米中;方法;酸部分分解;無機ヒ素定量法;定量;抽出法;酸部分分解法
引用文献数20
登録日2011年01月13日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat