硝酸による酸部分分解とHPLC/ICP-MSを用いた米中の無機ヒ素定量法

硝酸による酸部分分解とHPLC/ICP-MSを用いた米中の無機ヒ素定量法

レコードナンバー760759論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名長岡 恵
西村 勉
松田 りえ子
ほか1名
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ49巻・ 2号, p.95-99(2008-04)ISSN00156426
全文表示PDFファイル (2871KB) 
抄録米中の無機ヒ素を選択的に定量するために、抽出法として硝酸による酸部分分解法を、分別定量法としてHPLC/ICP-MSを用いる方法を検討した。無機ヒ素の検出下限および定量下限はそれぞれ0.0024、0.0079mg/kg乾重量であった。確立できた方法を用いて国内で市販されている短粒玄米10検体を分析したところ、無機ヒ素濃度は0.108-0.227mg/kg乾重量、総ヒ素濃度は0.118〜0.260mg/kg乾重量であった。ほとんどの検体からジメチルヒ素体も検出されたが、無機ヒ素は総ヒ素の62.2〜96.3%を占めていた。このように、分析した短粒米ではヒ素の多くが無機ヒ素であった。
索引語無機ヒ素;硝酸;HPLC/ICP-MS;米中;方法;酸部分分解;無機ヒ素定量法;定量;抽出法;酸部分分解法
引用文献数20
登録日2011年01月13日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat