玄米粉の水産練り製品への利用(2)

玄米粉の水産練り製品への利用(2)

レコードナンバー760950論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20024257NACSIS書誌IDAA1156024X
著者名藤井 裕士
書誌名研究報告
別誌名香川県産業技術センター研究報告
発行元香川県産業技術センター
巻号,ページ8号, p.59-61(2008-06)ISSN13465236
全文表示PDFファイル (1311KB) 
抄録水産練り製品に、玄米粉を副原料として利用する場合の製造条件を明らかにするために、かまぼこを試作しその物性を検討した。冷凍すり身はスケトウダラを用い、玄米粉を添加し調製したかまぼこゲルの物性をレオメーターで測定した。玄米粉添加により破断強度(硬さ)は上昇したが、破断変形(しなやかさ)は変化が小さかった。製品化に際しては、物性を考慮し、水添加量・玄米粉添加量を選定する必要があることがわかった。
索引語玄米粉;物性;水産練り製品;利用;副原料;利用;製造条件;かまぼこ;試作しそ;検討
引用文献数6
登録日2011年02月04日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat