高病原性鳥インフルエンザ等による鶏卵移動禁止措置等の緊急事態における鶏卵生産調整技術の検討

高病原性鳥インフルエンザ等による鶏卵移動禁止措置等の緊急事態における鶏卵生産調整技術の検討

レコードナンバー760977論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012157NACSIS書誌IDAN1018630X
著者名武縄 勝浩
橋田 明彦
金谷 健史
ほか1名
書誌名岡山県総合畜産センター研究報告 = Bulletin of the Okayama Prefectural Center for Animal Husbandry & Research
別誌名Bulletin - Okayama Prefectural Center for Animal Husbandry & Research
岡山総畜セ研報
発行元岡山県総合畜産センター
巻号,ページ17号, p.39-43(2008-03)ISSN09154728
外部リンク
全文表示PDFファイル (2030KB) 
抄録高病原性鳥インフルエンザ発生時における鶏卵移動禁止措置に対処するための長期絶食に代わる産卵停止方法として、一定の絶食期間と無産卵維持熱量の70%給餌(制限給餌)期間による方法を検討した。1.3日間絶食し、12日間制限給餌した試験区では、産卵率は3日後には50%、9日後には6.1%まで低下し、急速な産卵率の低下が認められた。2.体重の減少率はどの試験区も15%程度で区間に有意差は無く、長期間の絶食による方法と比べて過剰なストレスは与えないものと考えられた。3.制限給餌後の卵重、卵殻厚及び卵殻強度は増加する傾向が認められたが、その他卵質に大きな影響を与えることは無かった。以上のことから、高病原性鳥インフルエンザ発生時における鶏卵移動禁止措置に対処するための産卵停止方法として、3日間の絶食後、制限給餌を行う方法が有用であると考えられた。
索引語方法;検討;鶏卵移動禁止措置;対処;産卵停止方法;制限給餌;試験区;産卵率;高病原性鳥インフルエンザ等;鶏卵移動禁止措置等
引用文献数2
登録日2011年01月17日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat