メタン発酵消化液の活性汚泥法によるBOD容積負荷量の検討

メタン発酵消化液の活性汚泥法によるBOD容積負荷量の検討

レコードナンバー760979論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012157NACSIS書誌IDAN1018630X
著者名脇本 進行
白石 誠
滝本 英二
ほか2名
書誌名岡山県総合畜産センター研究報告 = Bulletin of the Okayama Prefectural Center for Animal Husbandry & Research
別誌名Bulletin - Okayama Prefectural Center for Animal Husbandry & Research
岡山総畜セ研報
発行元岡山県総合畜産センター
巻号,ページ17号, p.51-55(2008-03)ISSN09154728
外部リンク
全文表示PDFファイル (2773KB) 
抄録メタン発酵消化液の活性汚泥法によるBOD容積負荷量の違いが、処理水質に与える影響を検討した。1.中温発酵35℃、滞留期間18日、有機物負荷量1.35kg/m(3)・日の条件で処理したメタン発酵消化液の性状は、BOD 941mg/L、T-N 1483mg/Lとなり、BODより窒素が高い値を示した。2.この消化液を用いた浄化処理では、一般的な浄化処理のBOD容積負荷量である0.4kg/m(3)・日では十分な処理は行われなかった。消化液の浄化を考えた場合の適正負荷量は、0.25kg/m(3)・日程度が適当と考えられた。3.処理水中のT-Nは、すべての区において455〜624mg/Lと高い値で残存したことから、窒素の除去方法の検討が必要である。
索引語メタン発酵消化液;BOD容積負荷量;検討;活性汚泥法;BOD;-N;窒素;値;消化液;浄化処理
引用文献数9
登録日2011年01月17日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat