肉用牛の改良促進調査研究(平成18年度)

肉用牛の改良促進調査研究(平成18年度)

レコードナンバー760986論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012157NACSIS書誌IDAN1018630X
論文副題アニマルモデルによる育種価の推定
著者名平本 圭二
岡本 雄太
片岡 博行
書誌名岡山県総合畜産センター研究報告 = Bulletin of the Okayama Prefectural Center for Animal Husbandry & Research
別誌名Bulletin - Okayama Prefectural Center for Animal Husbandry & Research
岡山総畜セ研報
発行元岡山県総合畜産センター
巻号,ページ17号, p.85-89(2008-03)ISSN09154728
外部リンク
全文表示PDFファイル (2014KB) 
抄録岡山県の和牛における産肉形質の遺伝的な改良を推進するため、BLUP法アニマルモデルによる育種価を推定し、種雄牛の選抜及び優良雌牛の選定・保留などの基礎資料として、畜産関係機関及び畜産農家へのフィードバックを行った。1.分析に用いた枝肉成績は17,515件であった。2.育種価判定頭数は、種雄牛691頭、繁殖雌牛15,099頭であった。3.育種価が判明した繁殖雌牛のうち供用中と考えられるものは、3,376頭であった。
索引語育種価;肉用牛;改良促進調査研究;アニマルモデル;推定;岡山県;和牛;産肉形質;改良;推進
登録日2011年01月17日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat