効率的なブタ卵子採取・洗浄装置の開発

効率的なブタ卵子採取・洗浄装置の開発

レコードナンバー760992論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011654NACSIS書誌IDAN10202971
著者名大竹 正剛
塩谷 聡子
大津 雪子
ほか1名
書誌名日本養豚学会誌 = The Japanese journal of swine science
発行元日本養豚学会
巻号,ページ45巻・ 2号, p.54-64(2008-06)ISSN0913882X
全文表示PDFファイル (4200KB) 
抄録本研究では、ブタ卵巣からの卵丘-卵子複合体(COCs)採取に伴う時間と労力の軽減を目的として、卵子採取装置(以下、採取装置)、および卵子洗浄装置(以下、洗浄装置)を作製し、COCsの採取・洗浄の効率化について検討した。採取装置は、先端に生け花に用いる剣山を装着した小型振動機と卵子保持シャーレからなり、振動をかけながら剣山で卵胞を破砕することにより、COCsを培養液中に浮遊させる仕組みとした。性能の確認のため、卵巣からCOCsを採取し、その処理時間、採取COCs数、形態評価、体外培養成績を従来法(卵子掻き出し法、吸引法)と比較した。1分間あたりのCOCs採取数は、採取装置使用で最大3.8倍に増加した(採取装置:92.7±26.1個/分、掻き出し法:37.4±5.3個/分、吸引法:24.3±2.4個/分)。採取卵子の体外発生培養成績では、成熟率(74.1±8.3%vs.65.1±10.9%、68.1±16.2%)と単為発生胚の胚盤胞形成率(22.5±9.5%vs.30.0±18.9%、28.1±17.2%)に有意な差はなかった。洗浄装置は、底面にCOCsよりも大きなサイズ(300×300μm)のメッシュをもつ濾過器Iと小さなサイズ(100×100μm)の濾過器II、および受け皿からなり、筒に浮遊液を通すことで、COCsと大きさが異なる浮遊物を除く仕組みとした。性能の確認のため、卵巣10個を処理して得られたCOCs浮遊液20mlを通し、その処理時間、要した洗浄液量を定法と比較した。処理時間は、洗浄装置使用により約半分に短縮され(洗浄装置:169.7±40.4秒vs.定法:318.3±59.0秒)、洗浄液量は2/3に削減された(32.8±10.2ml vs.51.7±5.8ml)。以上の成績から、開発した採取装置、洗浄装置の有用性が明らかとなり、作業者の時間短縮と労力軽減が可能となった。
索引語COCs;洗浄装置;採取装置;採取;処理時間;vs;剣山;仕組み;性能;確認
引用文献数14
登録日2011年01月14日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat