若齢期の繰り返しストレスが雄Spontaneously Diabetic Toriiラットの糖尿病発症に及ぼす影響

若齢期の繰り返しストレスが雄Spontaneously Diabetic Toriiラットの糖尿病発症に及ぼす影響

レコードナンバー760998論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00004754NACSIS書誌IDAA10796138
著者名大川 勝正
望月 一男
横越 英彦
書誌名The journal of veterinary medical science
別誌名Journal of veterinary medical science
J. vet. med. sci
発行元Japanese Society of Veterinary Science
巻号,ページ70巻・ 2号, p.145-151(2008-02)ISSN09167250
全文表示PDFファイル (3624KB) 
抄録Spontaneously Diabetic Torii(SDT)ラットは、SDラットより発見され、確立された自然発症2型糖尿病モデルである。我々は、若齢期の繰り返しストレスが、高脂肪食を摂取させたSDTラットの自発運動量、糖尿病発症などに及ぼす影響について検討した。ストレスは、4週齢から1日置きに10回の水浸拘束ストレス(WIRS)を負荷した。試験の結果、若齢週のSDTラットの自発運動量は、SDラットよりも明らかに低くなっており、先天的に自発運動量が低いものと推察した。また、ストレスを負荷したSDTラットは、ストレスを負荷しないものに比べて、糖尿病の発症、耐糖能異常の発症が遅滞した。SDTラットは自発運動量がSDラットよりも少なく、自発的にエネルギーを消費しにいと考えられる。一方、WIRS負荷したSDTラットは飼料効率が低下しており、WIRS無負荷のSDTラットよりもエネルギー消費を増加させたものと考えられ、これが糖尿病発症に影響を与えたものと推察した。
索引語SDラット;糖尿病発症;影響;ラット;ストレス;負荷;若齢期;繰り返しストレス;Diabeic;SDラット
引用文献数18
登録日2011年12月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat