動物園飼育下のシロミミキジに認められたPlasmodium (Bennettinia) juxtanucleare感染

動物園飼育下のシロミミキジに認められたPlasmodium (Bennettinia) juxtanucleare感染

レコードナンバー761008論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00004754NACSIS書誌IDAA10796138
著者名村田 浩一
仁位 亮介
佐々木 絵美
ほか7名
書誌名The journal of veterinary medical science
別誌名Journal of veterinary medical science
J. vet. med. sci
発行元Japanese Society of Veterinary Science
巻号,ページ70巻・ 2号, p.203-205(2008-02)ISSN09167250
全文表示PDFファイル (1771KB) 
抄録動物園で飼育されているシロミミキジ(Crossoptilon crossoptilon)の成雄1羽が元気不良と削痩を呈した。顕微鏡観察で血液原虫感染が認められた。形態学的特徴および分子生物学的解析結果から原虫はPlasmodium(Bennettinia)juxtanucleareと同定された。ミミキジ属の鳥類から本血液原虫が検出されたのは初記録である。動物園における希少鳥類保全では、本血液原虫の感染に留意する必要がある。
索引語シロミミキジ;Plasmodium;Benneinia;動物園;本血液原虫;動物園飼育下;juxanucleare感染;飼育;Crossopilon;crossopilon
引用文献数19
登録日2011年12月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat