褐毛和種牛にみられた血友病Aの臨床経過とその病態

褐毛和種牛にみられた血友病Aの臨床経過とその病態

レコードナンバー761023論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00004754NACSIS書誌IDAA10796138
著者名森友 靖生
下城 研一
宮寺 恵子
ほか4名
書誌名The journal of veterinary medical science
別誌名Journal of veterinary medical science
J. vet. med. sci
発行元Japanese Society of Veterinary Science
巻号,ページ70巻・ 3号, p.293-296(2008-03)ISSN09167250
全文表示PDFファイル (2117KB) 
抄録母牛が同一の褐毛和種雄子牛2頭に皮下出血、筋間および気管食道周囲の出血を伴う止血異常が発生した。1頭は発症後3日で死亡したが、他の1頭は皮下血腫がみられたのみで、と殺時まで元気であった。後者では活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)の延長と第VIII因子活性の重度の減少がみられ、von Willebrand因子活性は正常値であることから、血友病Aと確定診断された。本報は臨床病理学的に診断された牛血友病Aの最初の報告である。
索引語血友病A;1頭;褐毛和種牛;臨床経過;病態;母牛;褐毛和種雄子牛2頭;皮下出血;筋間;気管食道周囲
引用文献数16
登録日2011年01月13日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat