犬における電気鍼刺激の自律神経リズムに対する効果

犬における電気鍼刺激の自律神経リズムに対する効果

レコードナンバー761033論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00004754NACSIS書誌IDAA10796138
著者名木村 祐哉
原 茂雄
書誌名The journal of veterinary medical science
別誌名Journal of veterinary medical science
J. vet. med. sci
発行元Japanese Society of Veterinary Science
巻号,ページ70巻・ 4号, p.349-352(2008-04)ISSN09167250
全文表示PDFファイル (2075KB) 
抄録鍼治療のもつ長期的効果の検討のため、犬の自律神経の概日リズムに対して電気鍼刺激がもつ影響について、コサイナー法を用いて評価した。自律神経機能の指標としては心拍変動の周波数解析を用いた。温度、日照時間をコントロールした環境制御室において馴化させたビーグル犬を用い、保定のみの場合、あるいは保定した上で電気鍼刺激を加えた場合の24時間心電図データを求めた。保定のみの場合では15分間保定台にくくりつけるのみとし、電気鍼刺激はその間、脊椎上に存在する2箇所の経穴(GV-5、GV-20)に刺入した鍼を電極として5V、250μsecの電流を2Hzの頻度で加えた。心電図データからは心拍数および心拍変動の変動係数(CVRR)、高周波数成分(HF)、低周波数成分/高周波数成分比(LF/HF)を求めた。得られた5頭分のデータによると、心拍数は刺激後に最大となり、その後減少する傾向が見られた。その他の心拍変動の指標では明期に減少し、暗期には次第に増加する傾向が見られた。コサイナー法によると刺激の有無に関わらずいずれの指標も有意な24時間周期を示し、それぞれの周期性を比較すると、交感神経活動の指標とされるLF/HFで水準の上昇(P=0.006)と頂点位相の前進(P=0.012)がみられた。結論として、電気鍼刺激は犬における交感神経の概日リズムを前進させ、またその水準を上げる効果をもつことがわかった。
索引語電気鍼刺激;指標;犬;心拍変動;保定;効果;概日リズム;コサイナー法;心拍数;LF/HF
引用文献数20
登録日2011年01月13日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat