犬の脂肪組織由来血管間質細胞のin vitroにおける神経細胞への分化誘導

犬の脂肪組織由来血管間質細胞のin vitroにおける神経細胞への分化誘導

レコードナンバー761034論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00004754NACSIS書誌IDAA10796138
著者名佐合 賢
玉原 智史
富張 瑞樹
ほか6名
書誌名The journal of veterinary medical science
別誌名Journal of veterinary medical science
J. vet. med. sci
発行元Japanese Society of Veterinary Science
巻号,ページ70巻・ 4号, p.353-357(2008-04)ISSN09167250
全文表示PDFファイル (3050KB) 
抄録犬の脂肪組織由来血管間質細胞(ATSCs)のin vitroにおける神経細胞への分化誘導について検討した。腹腔脂肪組織から得たATSCsをジブチルサイクリックAMPとイソブチルメチルキサンチンで分化・誘導したところ、ATSCsは紡錘形の細胞から樹状突起を有する円形の細胞に変化した。また、分化・誘導されたATSCsには初期の神経細胞のマーカーである神経細胞特異的エノラーゼの発現が認められ、さらにこの発現は経時的に増加した。成熟神経細胞のマーカーであるニューロフィラメント68は軽度の発現が見られたが、より成熟した神経細胞のマーカーである微小管関連蛋白質(MAP-2)の発現は認められなかった。一方、グリア細胞に特異的なグルタミン酸輸送担体(GLT-1)mRNAの発現も認められたものの、神経細胞に特異的なグルタミン酸輸送担体(EAAC1)と糖輸送担体(GLUT-3)mRNAの強い発現が認められた。これらのことから、犬の脂肪組織由来血管間質細胞は少なくとも初期の神経細胞に分化可能で、神経疾患の再生医療に用いる前駆細胞として有用と考えられた。
索引語神経細胞;発現;ASCs;犬;脂肪組織由来血管間質細胞;マーカー;in viro;分化誘導;分化;誘導
引用文献数24
登録日2011年12月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat