インターフェロンγおよびインターロイキン12の前処理によりマクロファージはリーシュマニア原虫感染初期に抵抗性を示す

インターフェロンγおよびインターロイキン12の前処理によりマクロファージはリーシュマニア原虫感染初期に抵抗性を示す

レコードナンバー761076論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00004754NACSIS書誌IDAA10796138
著者名太田 陽子
高島 康弘
松本 芳嗣
ほか2名
書誌名The journal of veterinary medical science
別誌名Journal of veterinary medical science
J. vet. med. sci
発行元Japanese Society of Veterinary Science
巻号,ページ70巻・ 6号, p.589-593(2008-06)ISSN09167250
全文表示PDFファイル (2850KB) 
抄録インターフェロンγ(IFN-γ)はリーシュマニア症の制御に必須であるが、それ単独では感染防御に十分ではないことが知られている。IFN-γはマクロファージ(Mφ)活性化サイトカインの1つであり、活性化Mφはインターロイキン12(IL-12)を産生し、自らもIL-12により活性化する。本研究では、Mφのリーシュマニア原虫感染性に対するIFN-γおよびIL-12の関与を検討した。感染前にMφをIFN-γあるいはIL-12で処理した後、原虫を感染させた。感染4時間後、IFN-γとIL-12(IFN-γ/IL-12)で処理したMφでは、未処理のものに比べ原虫感染率および細胞内原虫数が有意に低下した。IFN-γまたはIL-12単独で処理したMφはこれらの原虫抵抗性を示さなかった。感染72時間後には、IFN-γ/IL-12あるいはIFN-γで処理したMφにおいて感染率および細胞内原虫数が未処理のものに比べ有意に低下したが、その効果はIFN-γ単独処理よりIFN-γ/IL-12処理の方が高かった。また、以上のように感染前にIFN-γ/IL-12で処理したMφは原虫抵抗性を示したが、感染と同時に処理した場合、Mφは抵抗性を示さなかった。これらの結果より、 IFN-γ/IL-12の前処理によってMφは原虫感染初期に原虫抵抗性を誘導することが示唆された。
索引語IFN;Mφ;γ;処理;原虫抵抗性;インターフェロンγ;前処理;マクロファージ;抵抗性;もの
引用文献数21
登録日2011年01月13日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat