ヤマメとニジマスから分離された冷水病菌のアユに対する病原性

ヤマメとニジマスから分離された冷水病菌のアユに対する病原性

レコードナンバー761111論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012761NACSIS書誌IDAN10530234
著者名久下 敏宏
新井 肇
鈴木 究真
泉 庄太郎
書誌名群馬県水産試験場研究報告
発行元群馬県水産試験場
巻号,ページ12号, p.28-29(2006-03)ISSN13421085
全文表示PDFファイル (1019KB) 
抄録群馬県においてアユPlecoglossus altivelis altivelisは重要な遊漁対象魚種であり、増殖事業が多くの河川で行われているにもかかわらず、近年、冷水病発生などによりその漁獲量は低迷している。一方、河川における冷水病の感染環は未だに解明されていない。また、ヤマメOncorhynchus masou masouやニジマスOncorhynchus mykissもアユ漁場に放流されているが、冷水病の発生は報告されていない。アユ冷水病の感染環を解明する上で、ヤマメとニジマスの冷水病菌Flavobacterium psychrophilumの保菌率などのデータの集積が必要であることから、保菌検査を行った結果、放流用成魚からF.psychrophilumがそれぞれ分離された。そこで、ヤマメとニジマスから分離されたF.psychrophilumのアユに対する病原性を、感染実験により検討した。
索引語ヤマメ;ニジマス;分離;アユ;病原性;河川;冷水病;感染環;解明;F
引用文献数10
登録日2011年01月17日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat