各水稲品種に対する電解水散布による生育促進と収量増加に関する研究

各水稲品種に対する電解水散布による生育促進と収量増加に関する研究

レコードナンバー761182論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014870NACSIS書誌IDAN0038751X
著者名上田 知弘
佐能 正剛
深井 正清
草刈 眞一
阿知波 信夫
阿部 一博
書誌名農業および園芸 = Agriculture and horticulture
発行元養賢堂
巻号,ページ83巻・ 7号, p.785-789(2008-07)ISSN03695247
全文表示PDFファイル (2162KB) 
抄録強酸性電解水は安全性の高い食品添加物として厨房の機器やカット青果物などの衛生管理に利用されている。また、強アルカリ性電解水は野菜の養液栽培の培養液に希釈混入しても殺菌効果があるとされており、ミツバ等の葉菜類では、強アルカリ性電解水の葉面散布による成長促進と品質向上の効果が報告されている。そこで、大阪府立食とみどりの総合技術センター(現大阪府環境農林水産総合研究所)では、水稲栽培において生育促進と増収効果を目的に、2005年度から強アルカリ性電解水の葉面散布試験を開始した。その結果、水稲移植1カ月後から出穂までに強アルカリ性電解水を毎週1回散布(80L/300m(2)、総回数7〜8回)することによって植物体の生育と収量が増加し、玄米の食味などには影響がないことが明らかになった。本報では、2005年の試験を深化させ、異なった水稲品種において、出穂前までに強アルカリ性電解水を葉面散布試験した成果について報告する。
索引語各水稲品種;電解水散布;生育促進;収量増加;研究
引用文献数6
登録日2011年03月10日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat