早晩性の異なるキンギョソウの生育・開花に及ぼす長日処理と冬季夜温の影響

早晩性の異なるキンギョソウの生育・開花に及ぼす長日処理と冬季夜温の影響

レコードナンバー761217論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名稲葉 善太郎
加藤 智恵美
村上 覚
ほか1名
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ7巻・ 3号, p.393-398(2008-07)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (3046KB) 
抄録本試験は、暖地のキンギョソウの摘心栽培において長日処理と冬期夜温設定による効果を明らかにするために行った。キンギョソウ‘ライトピンクバタフライII(LPBII、II型)’と‘ライトピンクバタフライIII(LPBIII、III型)’を供試し、夜温11℃と16℃のそれぞれに長日処理と自然日長を組み合わせた4処理区を設定した。9月下旬からの長日処理は‘LPBIII’の草丈を伸長させた。長日処理と夜温16℃の組み合わせは、‘LPBII’および‘LPBIII’の第1節以下分枝の到花日数を減少させるとともに採花本数を増加させることが認められた。栽培期間を通じて、‘LPBIII’は‘LPBII’より切り花長が長かった。本試験の結果、‘LPBIII’の摘心栽培においては、長日処理と夜温16℃の組合せが冬季の開花促進と採花本数の増加に有効であることが明らかとなった。
索引語長日処理;LPBIII’;キンギョソウ;本試験;摘心栽培;LPBII’;採花本数;早晩性;生育;開花
引用文献数20
登録日2011年01月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat