明治38年の長崎県水産業経済調査について

明治38年の長崎県水産業経済調査について

レコードナンバー761329論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008153NACSIS書誌IDAN00178473
著者名片岡 千賀之
書誌名長崎大學水産學部研究報告 = Bulletin of the Faculty of Fisheries, Nagasaki University
別誌名長崎大学水産学部研究報告
発行元[長崎大學水産學部]
巻号,ページ89号, p.15-36(2008-03)ISSN05471427
全文表示PDFファイル (15514KB) 
抄録本論は、長崎歴史文化博物館が所蔵する資料「水産課事務簿水産経済調査明治三十八年」により、長崎県下における水産金融の状況と水産銀行設置の必要性、重要な漁業・水産製造業・養殖業の経営体数、要する資本額とその構成、経営収支を考察することを目的としている。この調査は、明治38年に農商務省水産局によって全国一斉に行われた水産銀行の設立にかかわる調査の長崎県側の資料である。この調査結果を通して、水産金融の状況と水産銀行設置運動の展開を明らかにしていく点と調査対象である明治37年当時の長崎県の重要な漁業・水産製造業・養殖業の状況と経営内容を考察することの2点である。
索引語明治38年;長崎県水産業経済調査
引用文献数7
登録日2011年01月13日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat