飼料イネへの尿素及び乳酸菌添加による品質安定化ならびにMR調製技術

飼料イネへの尿素及び乳酸菌添加による品質安定化ならびにMR調製技術

レコードナンバー761348論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005567NACSIS書誌IDAA11587869
著者名山井 英喜
飯島 雄二
中村 秀夫
書誌名埼玉県農林総合研究センター研究報告 = Bulletin of the Saitama Prefectural Agriculture and Forestry Research Center
別誌名埼玉農総研研報
発行元埼玉県農林総合研究センター
巻号,ページ7号, p.34-41(2008-03)ISSN13467778
全文表示PDFファイル (4184KB) 
抄録1.尿素処理サイレージ等の長期貯蔵性の検討。飼料イネヘの尿素添加は、カビの発生や細菌の増殖を阻止して保存性を高め、さらにアンモニア処理で毒性の目安と考えられる4MIの発生がないことから尿素添加処理の安全性を確認した。試作した添加装置による畜草1号の添加は、牧草体系での乳酸菌添加を可能にし、発酵品質の改善、不良発酵の防止に効果があった。試作したドリルサンプラーは、ロールベールの使用前のサンプリングを可能にし、特にコンバイン型収穫機で調製した、穂と茎の分離するロールベールの飼料成分の確認に有効であった。2.TMR調製技術の確立。飼料イネのTMR飼料は吸引密封で28日以上の長期保存が可能であった。乳酸菌添加の発酵TMRの可能性が示唆された。密封後開封し外気に触れた場合、飼料の1℃以上の発熱は乳酸菌添加で12時間後、無添加で53時間後、尿素添加92時間後であり、尿素添加が3日以上の保存性を示した。
索引語乳酸菌添加;飼料イネ;MR調製技術;尿素添加;発生;保存性;試作;ロールベール;尿素;品質安定化
引用文献数5
登録日2011年01月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat