小面積当り二値出現回数,被度,バイオマスで測った種数,種構成,空間的不均一性の関係

小面積当り二値出現回数,被度,バイオマスで測った種数,種構成,空間的不均一性の関係

レコードナンバー761427論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014871NACSIS書誌IDAN00194108
著者名陳 俊
堀 良通
山村 靖夫
塩見 正衛
書誌名日本草地学会誌
別誌名日本草地学会誌
Japanese journal of grassland science
Glassland science
Journal of Japanese Society of Grassland Sciences
Journal of Japanese Society of Grassland Science
発行元日本草地学会
巻号,ページ54巻・ 2号, p.115-122(2008-07)ISSN04475933
全文表示PDFファイル (4204KB) 
抄録シバ優占の半自然草地において、3つの測度で植生調査を行った。100個の10cm×10cmのコドラートを50mのライン上に50cm間隔で置き、(1)各枠を4つの5cm×5cmの小コドラートに区切り、小コドラートごとに存在する種名を記載、小コドラート当たり種当たりの二値出現数;(2)点格子板を用いたコドラートごと種ごとの被度;(3)コドラートごとに刈取った植物の種ごとの乾燥バイオマス量、を調べた。これら3つの測度で求めた植物量、空間的不均一性、種数、種構成の間に違いや関連性があるかどうかを検討することが研究目的である。3つの方法で測った植物量および空間的不均一性の間には高い相関が見られ、バイオマスが、被度および二値出現回数データから推定できることを示した。
索引語コドラート;種;被度;バイオマス;空間的不均一性;種数;種構成;測度;植物量;二値出現回数
引用文献数28
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat