アニマルウェルフェアから見た循環型家畜飼養システム

アニマルウェルフェアから見た循環型家畜飼養システム

レコードナンバー761440論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014871NACSIS書誌IDAN00194108
著者名佐藤 衆介
書誌名日本草地学会誌
別誌名日本草地学会誌
Japanese journal of grassland science
Glassland science
Journal of Japanese Society of Grassland Sciences
Journal of Japanese Society of Grassland Science
発行元日本草地学会
巻号,ページ54巻・ 2号, p.195-200(2008-07)ISSN04475933
全文表示PDFファイル (3431KB) 
抄録食料・環境問題に対する畜産・草地研究の貢献。アニマルウェルフェアから見た循環型家畜飼養システム。アニマルウェルフェアを世界的に主導している組織はOIEである。我が国では設立当初のネーミングである国際獣疫事務局と訳しているが、2003年にはWorld Organisation for Animal Healthと改称しており、国際動物保健機構が正しい訳といえる。OIEは、家畜に重大な損害を与える深刻な疾病の蔓延を防ぐために国際協力体制を整えるべく1924年に設立された国際団体(現在167カ国加盟)であるが、2001-2005年の長期計画における主たる検討課題として「アニマルウェルフェア」と「食品安全」を据え、ネーミングを変更したのである。防疫に加え、予防としてのアニマルウェルフェアを扱うこととなった。2002年にニュージーランド、カナダ、ベルギー、ノルウェー、ケニヤ、インド、エジプト、UKからの専門家からなるアニマルウェルフェア作業部会を設立し、そこから提案された家畜陸上輸送、家畜海上輸送、と畜、および家畜殺処分の各ガイドラインが2005年総会において採択された。2006年には水棲動物に関するガイドラインが提案され、各参加国で検討中である。次いで、都会で野良化した伴侶動物の制御に関するガイドラインが提案される予定である。さらに家畜生産、野生動物、実験動物に関するガイドラインも検討されている。家畜生産に関しては、各国の畜産の実情の大きな違いを反映し、遅々として進んでいない。しかし、ガイドライン作成に目標年があることから、2010年までのロードマップを作るべく、2007年のOIE総会では討議資料が提出されている。評価指標(独立変数)と目的変数(生存率、苦痛、正常行動)をどうするか、これまでの研究成果の総説化およびこれらを検討する特別委員会の設置が検討された。
索引語アニマルウェルフェア;循環型家畜飼養システム
引用文献数29
登録日2011年01月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat