コムギ茎立期における土壌無機態窒素診断の窒素吸収に対する寄与

コムギ茎立期における土壌無機態窒素診断の窒素吸収に対する寄与

レコードナンバー761443論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20011749NACSIS書誌IDAN00195767
論文副題回帰分析による評価事例
著者名高橋 茂
Anwar M.R.
書誌名日本土壌肥料學雜誌 = Journal of the science of soil and manure, Japan
別誌名日本土壌肥料學雜誌 : 土壌・肥料・植物栄養
Japanese Journal of Soil Science and Plant Nutrition
日本土壌肥料学雑誌
発行元日本土壌肥料學會
巻号,ページ79巻・ 4号, p.365-369(2008-08)ISSN00290610
全文表示PDFファイル (2441KB) 
抄録コムギの収量、品質には窒素吸収が大きく関与しており、高品質・安定生産のための窒素施肥法は依然として重要な課題である。コムギの窒素施肥は基肥と追肥による分施で行われるのが一般的であり、追肥窒素量を調節することで最終的な窒素吸収量を適正な範囲に制御できることが望ましい。北海道では起生期の0〜60cm硝酸態窒素を秋まきコムギの窒素追肥量設定に用いる診断法が提唱されている。筆者らは、基肥-茎立期追肥の窒素施肥体系で4種類の土壌において、コムギの施肥試験を3年間行った。茎立期から成熟期までの窒素吸収に対する追肥時の土壌の無機態窒素の寄与を回帰分析により評価したので、その結果について報告する。
索引語土壌無機態窒素診断;窒素吸収;寄与;回帰分析;評価事例
引用文献数9
登録日2011年02月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat