育種群に血縁集団を用いた簡易系統造成の試み

育種群に血縁集団を用いた簡易系統造成の試み

レコードナンバー761509論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012934NACSIS書誌IDAN10468072
著者名北爪 浩三
吉田 あゆみ
片野 良平
書誌名群馬県畜産試験場研究報告 = Bulletin of the Gunma Animal Husbandry Experiment Station
発行元群馬県畜産試験場
巻号,ページ9号, p.66-75(2003-03)ISSN13409514
全文表示PDFファイル (4767KB) 
抄録血縁関係にある当場繋養デュロック種豚群を用いて簡易な系統造成法を試みた。1.育種に用いた種豚群は一頭の雌豚を始祖とする血縁集団であった。2.産肉能力は既に系統豚の認定基準の一つである直接検定合格レベルに到達していた。3.種豚群の平均血縁係数は血縁集団であるため12.4%と高かったが、平成13年まで系統内交配は行われていなかったので平均近交係数は2.2%と低かった。4.今後平均血縁係数が3%/年上昇すると仮定すると、3年で系統豚の認定基準の20%に到達することが予測された。5.30頭の小規模育種群でも充分系統豚と同等の種豚群を構築出来ることが示唆された。
索引語育種群;血縁集団;簡易系統造成;試み
引用文献数16
登録日2011年02月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat