夏小ギクの半促成5月開花作型における挿し芽苗と暗期中断電照による品質改善

夏小ギクの半促成5月開花作型における挿し芽苗と暗期中断電照による品質改善

レコードナンバー761609論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20032672NACSIS書誌IDAA1225492X
著者名仲 照史
角川 由加
前田 茂一
書誌名奈良県農業総合センター研究報告
別誌名Bulletin of the Nara Prefectural Agricultural Experiment Station
奈良農総セ研報
Bull. Nara Agr. Exp. Sta.
発行元奈良県農業総合センター
巻号,ページ39号, p.17-24(2008-03)ISSN18821944
全文表示PDFファイル (3883KB) 
抄録夏小ギクの無加温5月開花作型において、管理温度、挿し芽育苗および暗期中断電照の利用を検討した。その結果、次の諸点が明らかになった。加温および換気温度を高めると開花は早くなるが、開花がばらつく傾向が生じた。挿し芽苗の摘心栽培によって、供試品種の平均で6日程度開花が早くなり、開花の斉一性も高まった。また、株あたり切り花本数が増加した。暗期中断電照によって、節間伸長が促進され、挿し芽苗でも草丈確保が容易になった。5月の開花期までの電照は開花を抑制し花房型を乱したが、早生品種で3月中旬、中晩生品種で4月中旬の消灯によって開花期はやや早くなり、花房型への影響は小さくなった。
索引語夏小ギク;半促成5月開花作型;挿し芽苗;暗期中断電照;品質改善
引用文献数9
登録日2011年02月07日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat