培地の窒素濃度が異なる条件で大気飽差が日本晴(日本型水稲)とIR24号(インド型水稲)の生長・乾物生産に及ぼす影響

培地の窒素濃度が異なる条件で大気飽差が日本晴(日本型水稲)とIR24号(インド型水稲)の生長・乾物生産に及ぼす影響

レコードナンバー761628論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014890NACSIS書誌IDAN00189888
著者名平井 源一
西岡 秀明
山本 尚明
奥村 俊勝
稲村 達也
書誌名日本作物學會紀事
別誌名Proceedings of the Crop Science Society of Japan
Japanese journal of crop science
日本作物学会紀事
発行元日本作物學會
巻号,ページ77巻・ 3号, p.333-340(2008-07)ISSN00111848
全文表示PDFファイル (4359KB) 
外部リンク
抄録本報告は14〜17hPa(飽差大LASD)と5〜8hPa(飽差小SASD)の大気飽差条件を設け、その各々に培地の窒素濃度条件を24.0ppm(N3区)、8.0ppm(N2区)、2.7ppm(N1区)の3水準を与え、日本晴(日本型水稲)とIR24号(インド型水稲)の生長と乾物増加量に及ぼす飽差の影響を培地の窒素濃度に着目して解析したものである。その結果、培地の同一の窒素濃度のもとで、日本晴の個体当り乾物増加量を飽差間で比較すると、N2区とN1区ではLASD条件の乾物増加量がSASD条件のそれより大きく減少し、飽差間で有意差が認められた。一方、 IR24号の個体当り乾物増加量は、飽差間でN3区とN2区において有意差がなく、N1区においてのみ、LASD条件の乾物増加量がSASD条件のそれに比較して、有意に減少した。これらの乾物増加量の変化に及ぼす純同化率(NAR)の寄与率は両飽差条件ともに日本晴の方がIR24号より有意に大きく、平均葉面積(LA)の寄与率は IR24号の方が日本晴より有意に大きく、乾物増加量に及ぼすNAR、LAの寄与率の影響が品種間で異なった。この乾物増加量の品種間差異を植物体の窒素増加量からみると、日本晴の窒素増加量はLASD条件では培地の窒素濃度の低下に伴い減少し、その結果NAR、LAもまた減少したが、SASD条件では、LASD条件に比しNAR、LAの減少の程度は小さかった。一方、 IR24号の窒素増加量は培地の窒素濃度を低くしても、根の窒素吸収力が大きいため、両飽差条件とも、N3区とN2区との間には差異がなく、その結果、NAR、LAにおいてN3区とN2区の区間の差異は小さかった。以上の結果が、日本晴とIR24号の乾物増加量に品種間差異、あるいは飽差間差異が生じた要因と考える。
索引語乾物増加量;日本晴;培地;窒素濃度;NAR;LA;IR24号;N3区;N2区;LASD条件
引用文献数21
登録日2011年01月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat