紫黒米新品種「兵系紫75号」の育成

紫黒米新品種「兵系紫75号」の育成

レコードナンバー761645論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20009960NACSIS書誌IDAA11834662
著者名池上 勝
三好 昭宏
世古 晴美
ほか4名
書誌名兵庫県立農林水産技術総合センター研究報告. 農業編 = Bulletin of the Hyogo Prefectural Technology Center for Agriculture, Forestry and Fisheries. Agriculture section
発行元兵庫県立農林水産技術総合センター
巻号,ページ56号, p.6-12(2008-03)ISSN13477722
全文表示PDFファイル (3203KB) 
抄録1.紫黒米粳新品種「兵系紫75号」は、掛米専用系統「兵系カ43号」を種子親に、紫黒米系統「育253-10」を花粉親として人工交配を行い、系統育種法により育成した。紫黒米系統「育253-10」は、紫黒米品種「むらさきの舞」の兄弟系統である。2.熟性は早生種で、草型は短稈中間型である。芒の発生は少なく短い。ふ色、芒及びふ先色は黄白色に区分されるが、見かけは黄土色である。脱粒性は難である。強稈で耐倒伏性が強い。葉いもち圃場抵抗性は弱である。精玄米重は「むらさきの舞」対比116%と多い。千粒重が27.7gの大粒で、粒形は中長である。粒色は玄米果皮にアントシアニン色素が集積し、暗紫色である。3.現在、兵庫県では紫黒米品種「むらさきの舞」が、多くの加工食品の着色原料として利用されている。紫黒米新品種「兵系紫75号」は、多収性で栽培特性が優れており、「むらさきの舞」と同様に着色原料としての需要が期待される。
索引語紫黒米;系統;むらさきの舞;紫黒米新品種;兵系紫75号;芒;着色原料;育成;粳;新品種
引用文献数4
登録日2011年02月01日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat