フェレットの皮膚血管肉腫の1例

フェレットの皮膚血管肉腫の1例

レコードナンバー761690論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名小沼 守
近藤 広孝
小野 貞治
ほか3名
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ61巻・ 4号, p.303-305(2008-04)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (1863KB) 
抄録フェレット(Mustela putorius furo)における皮膚血管肉腫の発生率は低く、他臓器同様に報告はあるが、詳細は明らかでない。本症例では、左後肢の中足部背面皮膚に難治性潰瘍が発生し、悪化傾向を示し断脚が行われた。病変部の病理組織学的検査により、血管内皮細胞様の多形性を示す細胞の腫瘍性増殖が認められ、抗第VIII因子関連抗原抗体を用いた免疫組織化学的染色においても陽性を呈し、血管肉腫と診断された。本症例は、再発や遠隔転移もなく術後6カ月経過した現在も経過は良好である。フェレットの皮膚血管肉腫における詳細な臨床経過、免疫染色による確定診断の有用性、断脚後の予後は良好である可能性を示唆した始めての報告である。
索引語フェレット;皮膚血管肉腫;報告;本症例;Musela;puorius;furo;発生率;他臓器同様;左後肢
引用文献数8
登録日2011年01月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat